Japanese English

  • 長良川について
  • 愛される鮎
  • 川に息づく生き物たち
  • 川の漁師
  • 川が育てた人のくらし
  • 森と川と人のみらい
  • 世界農業遺産
  • 清流長良川 恵みの逸品

Japanese

English

世界農業遺産

平成27年(2015年)12月に「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定されました。 長良川は流域に約86万人の人口を抱え、都市部を流れる川でありながら、流域の人々の暮らしの中で清流が保たれ、その清流で鮎が育っています。清流と鮎は地域の経済や歴史、食・文化と深く結びついています。こうした人の生活、水環境、漁業資源が密接に関わる里川(さとかわ)全体のシステムを「長良川システム」として捉えているのが特徴です。

世界農業遺産とは GIAHS鮎の日 ロゴマーク ダウンロード

世界農業遺産とは

正式にはGlobally Important Agricultural Heritage Systems(GIAHS:ジアス)といいます。その土地の環境を生かした伝統的な農林水産業や、生物多様性が守られた土地利用、農村文化や農村景観などが一体となり、維持保全が図られている世界的に重要な地域を後世に引き継ぐことを目的として、2002年にFAOにより創設されました。

世界農業遺産の認定状況

2016年10月までで、世界の16か国にある37地域が認定されています。

世界農業遺産の認定状況

  • チロエ農業

    チロエ農業
    /チリ
    ジャガイモの原産地として知られるチロエ島では、200種類以上のジャガイモが、主に女性によって栽培されています。珍しい動物や植物もたくさん見られます。

  • カシャーンのカナート灌漑システム

    カシャーンのカナート灌漑システム
    /イラン
    乾燥地域のイランでは、紀元前800年ころから、地下水路を作って水の蒸発を防いで作物を栽培しています。

  • 青田の水田養魚

    青田の水田養魚
    /中国
    およそ2000年前から、水田でイネといっしょに魚を育てています。魚は雑草や害虫を食べ、イネに養分を与え、泳ぐことで水田の土をやわらかくしてくれます。

  • アグロフォレストリーシステム

    アグロフォレストリーシステム
    /タンザニア
    熱帯雨林気候で日差しが強いため、一番上に樹木で日陰を作り、その下でバナナ、次にコーヒーを育て、一番下では野菜を栽培するという工夫をしています。

日本国内の世界農業遺産

日本では、岐阜県、新潟県、石川県、静岡県、大分県、熊本県、和歌山県、宮崎県の8つの地域が世界農業遺産に認定されています。

長良川について

設定までのあゆみ

News

GIAHS(ジアス)鮎の日

平成27年12月に「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定されたことを記念して、世界遺産の意義や県が誇るべき「長良川システム」を県民に認知していただくとともに、清流の象徴である県魚「鮎」に対する関心を高めていただくことを目的に、7月の第4日曜日を「GIAHS鮎の日」として制定しました。
制定後初めて迎える平成28年7月24日(日)の「GIAHS鮎の日」には、記念イベントを実施しました。

ロゴマーク

世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会では、「清流長良川の鮎」について広く知っていただくために、パンフレット、ホームページ等広報物での使用や、長良川流域の農林水産物・伝統工芸・旅行等サービス商品に使用する等、統一したPR活動を展開できるよう世界農業遺産「清流長良川の鮎」を象徴するロゴマークを制定しました。

世界農業遺産「清流長良川の鮎」ロゴマーク

GIAHS ロゴマーク

自然環境豊かな岐阜県を表現の中心に捉えています。
清流を生み出す緑の山、そこから流れ出す河川の清々しいブルーはやがて河口に。
この清流のみに育ち躍動する長良川の鮎。これら個々の柔らかな円弧のカタチをシンボリックにまとめました。全体は岐阜の「g」を内包しています。
世界が認めた農業遺産として、皆様に愛されるとともに、いつまでもこの素晴らしい環境の続くことを願っています。

なお、ロゴマークの使用については、世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会への申請が必要となります。

広報物への利用 -利用許諾-
許諾の概要
この制度では、ポスター、チラシ等の世界農業遺産「清流長良川の鮎」の広報を目的としたものへの利用許諾を対象としています。
なお、販売目的の物品等への利用は本要綱とは別に世界農業遺産「清流長良川の恵みの逸品」認定制度を制定しておりますので、実施要領をご確認ください。
その他、ロゴマークの詳細なデザインについては、ロゴマーク・デザイン簡易マニュアルをご覧ください。

申請様式等
申請様式等は以下をご覧ください。
 ▷利用許諾要綱(PDF形式)
 ▷申請様式(Word形式) ▷申請様式(PDF形式)

清流長良川の恵みの逸品制度 販売商品への利用
販売商品へロゴマークを利用されたい方はこちら
>>清流長良川の恵みの逸品制度

ロゴマーク・デザイン簡易マニュアルについて
世界農業遺産「清流長良川の鮎」ロゴマークの使用にあたっては、形状や色調等を改変することはできません。
以下の、デザイン簡易マニュアルをご確認いただき、適正な使用をお願いいたします。

●ロゴマーク・デザイン簡易マニュアル(PDF形式)
 ▷おもて面  ▷なか面

選定経緯
○募集期間:平成28年2月22日(月)から3月22日(火)
○応募総数:296点
○選定会:平成28年4月、世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会で選定しました。

《最優秀作品》
若杉海央(岐阜県在住、学生)
《優秀作品》
有田秀人(兵庫県在住、グラフィックデザイナー)
畭絵美里(岐阜県在住、学生)

お問い合せ先
世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会(事務局:里川振興課里川振興係)
電話:058-272-8455  FAX:058-278-2695