Japanese English

  • 長良川について
  • 愛される鮎
  • 川に息づく生き物たち
  • 川の漁師
  • 川が育てた人のくらし
  • 森と川と人のみらい
  • 世界農業遺産
  • 清流長良川 恵みの逸品

Japanese

English

News

平成 28 年

世界農業遺産「清流長良川の鮎」ロゴマーク最優秀賞者を表彰

2016.7.24

世界農業遺産「清流長良川の鮎」ロゴマークを公募し、全国から296点の応募がありました。最優秀賞者に選ばれた岐阜県立加納高等学校美術科3年若杉海央(わかすぎみお)さんを表彰しました。

 

 

世界農業遺産「清流長良川の鮎」ロゴマークについて

平成27年12月15日に「清流長良川の鮎」が世界農業遺産に認定されました。

これを受けて、世界農業遺産「清流長良川の鮎」を象徴するロゴマークを定め、パンフレット、ホームページ等広報物での使用や、長良川流域の農林水産物・伝統工芸・旅行等サービス商品に使用するなど統一したPR活動を展開できるよう選定しました。

 

■世界農業遺産「清流長良川の鮎」ロゴマーク

 

自然環境豊かな岐阜県を表現の中心に捉えています。

清流を生み出す緑の山、そこから流れ出す河川の清々しいブルーはやがて河口に。

この清流のみに育ち躍動する長良川の鮎。これら個々の柔らかな円弧のカタチをシンボリックにまとめました。全体は岐阜の「g」を内包しています。

世界が認めた農業遺産として、皆様に愛されるとともに、いつまでもこの素晴らしい環境の続くことを願っています。

 

※使用に際しては、世界農業遺産「清流長良川の鮎」などの文字と組み合わせることとなります。

 

■選定の経緯

○募集期間:平成28年2月22日(月)から3月22日(火)

○応募総数:296点

○選定会:平成28年4月、世界農業遺産「清流長良川の鮎」推進協議会で選定しました。

 

最優秀作品 若杉海央(岐阜県在住、学生)
優秀作品 有田秀人(兵庫県在住、グラフィックデザイナー)

畭絵美里(岐阜県在住、学生)

■ロゴマークの使用について

ご使用にあたっては、事前の申請・承認が必要となります。

詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

 

ロゴマーク利用について

news top

最新記事

カテゴリー